浜松市のコーヒーマイスターの資格を持つバリスタが入れるコーヒー&バー|WILL COFFEE
厳選した豆へのこだわり
 投稿日: 2020.04.24

全てのコーヒー豆が満遍なく焙煎する必要があります。 満遍なく焙煎するためには機械の性能以外にも重要なポイントがあります。それは「ハンドピッキング」という工程。

コーヒー生豆を日本へ輸入した段階でコーヒー生豆が割れていたり、虫食いにあっていたり、小石などが混入したりしています。それらをコーヒー生豆とまとめて一緒に焙煎してしまうと焙煎にばらつきが出来ます。

また、虫食いにあっていたり腐っていたりするコーヒー生豆のことを”欠点豆”というのですが、この欠点豆が混入した状態で焙煎すると嫌な匂いが焙煎した他のコーヒー豆にもうつってしまうこともあります。そのためにハンドピッキングという作業で余計な混入物を捨てる必要があります。

焙煎でどのようにコーヒー豆を炒るかはコーヒーの味を左右する重要なポイントです。美味しくコーヒーを飲むために焙煎方法には多くの労力が注がれています。

徹底管理された焙煎

自家焙煎

コーヒーについても炒り具合を調節することで味に変化をもたらすことができます。 ミディアムローストはさっぱりとしており、苦味もほんのりと感じるのが特徴です。日本では中煎りに分類されており、その名前の通り真ん中くらいのバランスのとれた焙煎具合になります。 酸味、苦味、コクの違いがわかりやすい焙煎具合であり、高級なコーヒー豆はミディアムローストで焙煎されることが多いです。逆に言えば品質の低いコーヒー豆はミディアムローストで焙煎するとあまり美味しくありません。 厳選した生豆を自家焙煎機に入れ 「ウィルコーヒーアンドロースターズの味」 になるよう細かい時間設定や計量、管理の下で焙煎、ブレンドをし、コーヒーの素晴らしさの本質伝えられるようにこだわりを持って焙煎しています。

熟練された技術

美味しいコーヒーには「3たて」が重要という言葉があります。これは、「炒りたて」「挽きたて」「淹れたて」の3つであり、美味しいコーヒーを作るにはこの3つの条件を満たす必要があります。

専門知識と高度な技術を持ったコーヒーマイスターの資格を持つバリスタが、炒りたての豆をその場で挽き一杯一杯丁寧にコーヒーを作っていきます。

コーヒー豆の販売中

  • エチオピア イルガチョフ          100g /800円~
  • インドネシア ジャワ アラビカ       100g/700円~
  • グァテマラ SHB ビクトリー        100g/700円~
  • メキシコ マヤビニック           100g/750円~
  • コロンビア アピア スプレモ エスペシアル 100g/700円~
  • ブラジル トミオ フクダ ブルボン     100g/700円~

 この記事をシェアする: 

FacebookTwitter
 
前のページへ戻る

ニュースカテゴリ

グループ店のプランを一覧で比較する

Copyright 浜松市のコーヒーマイスターの資格を持つバリスタが入れるコーヒー&バー|WILL COFFEE|.All rights reserved.